育毛についての研究

育毛なら「育毛についての研究」へ! - プロペシアの副作用




注意しておく副作用

プロペシアは男性型脱毛症に対して非常に効果的な作用を期待することができますが、効果的な薬ほど副作用が強いということは昔から言われています。そのためどのような薬でも副作用に対して十分な注意を払っておくことが必要となります。副作用は体質的なものによって左右される場合もありますが、完全に予防することも十分可能です。多くの場合単純に量と利用の仕方を守っておくことによって副作用の出現は抑えられます。プロペシアの場合も例外なくそうであるので、効果を十分発見する為にも副作用に慎重に対応することが重要です。プロペシアは男性ホルモンに対して大きな影響を与えていく薬です。そのため男性型脱毛症に対して用いられる前は前立腺肥大症などの症状に用いられていました。そのため副作用として考えられるのは性機能に関してのものです。やはり個人差は大きくありますが、性欲の減退から精子の減少までと精神的なものから機能的な副作用が見られています。仮に服用しているときにこのような現象が見られるようであれば、無理をせずにすぐに病院へ行くことをお勧めします。副作用は時として非常に重篤な症状へと進んでいってしまうときがあります。しかしプロペシアの副作用の発症率と言うのは5パーセントと言われています。必要以上に心配することもありませんが、体質的に何か不安がある人は出来る限り医者などに相談してみるのが良いと思います。また副作用でなくても、生理的に何か自分にとって苦しいものがある場合は、効果よりも健康や安全性を考えて、使用を控えるのが良いでしょう。

レスベラトロールとサーチュイン
http://www.joueraubingo.name/wadai/sathuin.html